ハウスオブローゼ株主総会2019



株式投資について

6月下旬に東京で開催されたハウスオブローゼの株主総会に参加しました。株主総会というとちょっと怖いイメージがありましたが、実際は…

「怖い」というより、「熱い」株主総会

さて、6月下旬に行われたハウスオブローゼの株主総会へ行ってまいりました。私の株主総会のイメージは怒号が飛び交う、激論の場という印象がありましたが(あと、なんだか怖そう…とも思っていた。)

ハウスオブローゼの株主総会では、企業側の経営新事業、売上に対して説明したり、取締役など幹部が変わった報告などが終始淡々とおこなわれており、株主も静かにそれを聞いていました。

ハウスオブローゼ株主総会は、企業とユーザーの交流の場だった。

お硬くてむずかしいと思われる企業の発表内容ですが、新事業や店舗情報などは株主であり、ハウスオブローゼのユーザーでもある私にとっては役立つ情報でした。

周りをみても、株主総会に参加していたのは女性が8割くらい。そのほとんどが投資として株を持つ投資家というより、ハウスオブローゼのコスメが好きなユーザーという感じでした。

そのハウスオブローゼユーザーでもある株主たちが、質疑応答では熱い質問をぶつけていきます。

株主総会のメインイベント、質疑応答

株主総会のメインイベント、といえばなんといっても質疑応答。ハウスオブローゼは投資家よりユーザーの株主が多いため、質問の内容も他とはちょっとちがっていて…

偉い人に堂々と物が言える!それがハウスオブローゼの株主総会

質疑応答の内容はブログに書いていいのか、いまひとつわからないのでざっくり特徴を書くと、女性はコスメやサービスなど製品寄り、男性は経営や投資寄りの質問が多かったです。

ハウスオブローゼのポイントカードは、カードを作った店舗でしか使えず、不便にが感じていたのですが、他の方が質問されていたので、「ポイントカードが不便だと思っていたの、私だけじゃないんだな…」と、みょうな親近感を感じました。

ハウスオブローゼの株主にも人気な自社製品の株主優待についてもいろいろな質問がでていました。カタログ制にしてほしいとの意見には私も賛成!毎年ミントリープにしてほしい!

その質問に関しては社長御自らお答えになっていました。他にも株主の質問は社長や取締役がひとつひとつ丁寧に答えてくれていました。

株主総会って、普段は会うこともない企業の偉い人に、堂々と物が言える機会なんですね。偉い人々も、株主というよりユーザーからの生の声だと感じているとのことでした。

それにしても、ポイントカード、なんとかしてほしい…(できない理由はわかったけども)

株主総会の楽しみ:お土産

さてさて、株主総会のお楽しみといえばなんといってもお土産です。ハウスオブローゼでは毎年、株主総会に参加した株主にお土産を配布しています。(お水もくれます)

ハウスオブローゼの株主総会はお土産が出ました(2019年)

ハウスオブローゼの総会土産は毎年ボディソープらしいのですが、毎回フレーバーが変わるようです。2019年はローズ&フラワーの香りでした。

あとはおまけでミントリープ製品がプリントされたミニうちわもついていて、暑い時期の株主総会にはありがたいです。

コメント